表紙 Top 情報 About 画廊 Gallery 仕事 Works 同人 Doujin 作者 Profile

 ■OLD      NEW□

 | Top Page | 

2014年1月の読書
2014 02 19 Wed  20:41:23
2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2834ページ
ナイス数:4ナイス

続きを読む »

忍ばない忍者。ステルスしないステマ
2014 02 24 Mon  11:36:36


文字なし版

◆忍者全く関係ない。

◇一応公式的には明日2月25日発売の単行本「身体中で教えてあげる」宣伝のため、
ウチの看板娘的存在であるはずの弐号さんに一肌脱いでもらいました。
まぁ、この娘は単行本収録作とは関係ないんですが。

◆こういう時くらいカラー絵描いとかないと、
ひたすら俺の読書ログを残すブログになっちゃってるからな、ここ。
ただ単行本の記事は、発売日の日時(2014年2月25日)にしてあるんで、
ブログのトップページから見てると
この宣伝絵のほうが後に来るという中途半端な宣伝っぷり。

◇しかし、こんなの描くのでも結構な時間かかってるんですよね。
なんかさー60分で絵を描いたーみたいなのがTwitterで
たまにリツイートされてまわってきたりするんすけど、すごいですよねあの人ら。
1時間でカラー仕上げちゃうとかどんな化けもんなんだよマジでー。
俺、下書きも終わらんぞ1時間じゃ……。

◆宣伝して何故か凹む。

◇……あ、えっと単行本でますんでよろしくお願いします。はぁ……。
え、あ、だいじょうぶ、だいじょうぶです。はい。
単行本情報 2014年2月25日 「身体中で教えてあげる」
2014 02 25 Tue  00:00:00
サンプル1

「身体中で教えてあげる」
発売日 : 2014年2月25日(火)
価格  : 980円(税抜)
出版元 : 富士美出版
レーベル: 富士美コミックス

<収録作品一覧>
正体は見えないけれど枯れ尾花
めいどぷろぐれす
足裏残業記念日
順番待ちよりワキ道へ
四畳半と煮干と白衣
満点程度じゃ物足りない
コトノハモバイル
戦略的恋愛関係
二ノ宮さんは難しい

<書下ろし>
・続・正体は見えないけれど枯れ尾花
  (計4ページ/カラー2ページ+白黒2ページ)
・その他、作品解説、あとがき


 ◆Amazon個別ページリンク◆

◆2014年2月25日(火) に、備前舟、2冊目となる単行本「身体中で教えてあげる」が発売になります。
相変わらず全方位に迷惑をかけまくりながら、2冊目の単行本です。
ペンギンクラブとたまに山賊版に掲載された、髪コキだの腋コキだの膝裏コキだの足コキだのといった、
ほんのちょっとだけ特殊な毛色の9作に、書下ろしとして
「正体は見えないけれど枯れ尾花」続編漫画(カラー2ページ+白黒2ページの計4ページ)を加えた
全10作のエロ漫画と、収録作品の解説と称した蛇足、あとがきなどが収録されています。

◇で、その表紙(予定)画像を公開。
「カッコ予定」付きなのは、この画像は表紙デザイン案として編集さんから送られてきたものなので、
実際の表紙とは異なる可能性もあるというアレ。
【追記 2/25】まだ実物見てないんですが、通販サイトさんの表紙画像とか見ると、やっぱりちょっと違いますね。
まぁ、これはこれでレアな気がするので当面このままにしときます(差し替え画像が手元にないだけ)【追記ここまで】
ちなみにクリックするとセンスの欠片もみいだせない俺の元絵がでてきます。
珍しく集合絵とか描いたんですが、やっぱり難しいですね、ひとがいっぱいいるの。
いろいろ計算しなきゃいけないもんね。色とか、角度とか。

◆見ての通りタイトル入れる場所とかろくに考えず、
さらに背景までデザイナーさんにブン投げました。ご迷惑をおかけしましたw
僕のしょぼい絵を、素敵な表紙にしてくださってありがとうございます!

◇一部の書店さんでご購入いただくと、メッセージペーパーなるものが付いてくるそうです。
たぶん枚数限定早い者勝ち。詳しいことはよくわかんねーですけどおそらく。

 オータムリーフさん
 とらのあなさん
 まんが王さん
 メロンブックスさん

気をつかわずにすむ五十音順で。
あと、それからなんかもう一枚、汎用って名目で描いたんですが、
そいつはどこの書店さんでもらえるのか分かりません。探してください。
ちなみに、とらのあなさんのペーパーだけカラーだそうです。
だそうです、って僕が描いたんですけど。なんかカラーでって言われたので。

◆今回も5枚集めたからといって、
新しいコスチュームが解放されたりとか、新海域が解放されたりとかはしませんし
特になんにもいいことはありませんが、単行本中のキャラをタイトルに絡めて描いてみましたので
ちょっとでも楽しんでいただければ嬉しいです。

続きを読む »

 | Top Page |